ザナスタブログ 2011年12月
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドロー再び

ドローの改造をしようとして、やめた話です。
1日で諦めるのは早い気がしますが、
肘支点、前後左右の軌道、グリップを掴むタイミング、叩きつけ、すくい上げと試し、
ホルスターの位置に手を出し始めて、最後には高さや角度をいじり始めて、
振り出しに戻りました(・_・)

アンリミテッドの練習でのスランプはまだおいておいてます。
ドローが原因かもしれないのですが他の原因かもしれません。
一つづつ潰していくしか無いでしょう。
# それにしちゃやり方がいい加減ですが...

また、ビーバーテールに親指の付け根をぶつける症状が戻って来ました。
速く抜こうとすると特にあらわれます。
はっきり原因がわかってませんが、いくつか考えていて、
  1. 最短軌道を採ろうとした上で肘の後方への引きが甘くなっている
  2. ホルスターと親指の接触を恐れて手の位置自体が外側にぶれている
  3. 適当にうでを振り下ろした(ぉ
多分1.が一番可能性が高いです。
失敗した後に肘をしっかり引いてドローすると治ることが多いので。
僕のホルスターの角度の場合、わずかに後方からグリップセーフティに手を差し入れなければなりません。
このわずかにと言う所がいやらしいところで、ここを詰め過ぎると、
ビーバーテールの上に手が乗る形になってしまいます。
さらに軌道の変更に肘の位置を使い始めると、もはや手首で制御とか言う誤差ではなくなります。

2.は銃の位置を確かめているときなどに、親指がホルスターに触ってしまうと起こることがあります。
以前ホルスターに親指の背を強くぶつけてしまい、
皮がズル向ける怪我をして若干トラウマになってるようです。
こういう無意識のスイッチはことが終わってから気がつくこともあり、
唐突なところも厄介です。これはドローに限る話じゃないですけど。

3.は最早練習になってません。猫カフェにでも行って休憩したほうがましです。


対策ができてるなら実行すりゃいい話しなんですが、
気を抜くとすぐに忘れるので、簡単に失敗します(・ω・ )
スポンサーサイト
Twitter
 
カレンダー
11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

ザナスタ

Author:ザナスタ
(・_・)ノ
倉庫はこちら
建築金物のパイオニア 株式会社キョーワナスタの公式サイトはこちら。
ちなみにこのブログも僕個人も金物とは一切関係がございません(・_・)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。