ザナスタブログ ドロー再び

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドロー再び

ドローの改造をしようとして、やめた話です。
1日で諦めるのは早い気がしますが、
肘支点、前後左右の軌道、グリップを掴むタイミング、叩きつけ、すくい上げと試し、
ホルスターの位置に手を出し始めて、最後には高さや角度をいじり始めて、
振り出しに戻りました(・_・)

アンリミテッドの練習でのスランプはまだおいておいてます。
ドローが原因かもしれないのですが他の原因かもしれません。
一つづつ潰していくしか無いでしょう。
# それにしちゃやり方がいい加減ですが...

また、ビーバーテールに親指の付け根をぶつける症状が戻って来ました。
速く抜こうとすると特にあらわれます。
はっきり原因がわかってませんが、いくつか考えていて、
  1. 最短軌道を採ろうとした上で肘の後方への引きが甘くなっている
  2. ホルスターと親指の接触を恐れて手の位置自体が外側にぶれている
  3. 適当にうでを振り下ろした(ぉ
多分1.が一番可能性が高いです。
失敗した後に肘をしっかり引いてドローすると治ることが多いので。
僕のホルスターの角度の場合、わずかに後方からグリップセーフティに手を差し入れなければなりません。
このわずかにと言う所がいやらしいところで、ここを詰め過ぎると、
ビーバーテールの上に手が乗る形になってしまいます。
さらに軌道の変更に肘の位置を使い始めると、もはや手首で制御とか言う誤差ではなくなります。

2.は銃の位置を確かめているときなどに、親指がホルスターに触ってしまうと起こることがあります。
以前ホルスターに親指の背を強くぶつけてしまい、
皮がズル向ける怪我をして若干トラウマになってるようです。
こういう無意識のスイッチはことが終わってから気がつくこともあり、
唐突なところも厄介です。これはドローに限る話じゃないですけど。

3.は最早練習になってません。猫カフェにでも行って休憩したほうがましです。


対策ができてるなら実行すりゃいい話しなんですが、
気を抜くとすぐに忘れるので、簡単に失敗します(・ω・ )
スポンサーサイト

comment

Secret

私もドローうまくなりたいっ!!

ザナスタさん

こんにちは

実は私もドローで頭の中が知恵熱でドロドロです・・・
(しょうもないギャグすみません・・・)

肘を支点にしてスムーズに引っ掛け上げなおかつ左手を腹に沿わせて確実にグリップ完了させて両肘を手ドリル?作るように前にそのまま絞りながらサイトのど真ん中をターゲットにピシッと合わせる

いや~、難しいです 私には無理です(笑)

分析するに、今の時点で私はおそらくこの動作の半分以下も出来ていないです

nakitaさん撮影の10月16日フロンテァマッチ(アンリミ練習会)での動画で自分の動作をスロー再生して確認すると

まず

・第1に硬い
・第2に肘を支点にしてない
・第3に銃を必死でがっしりと右手で強く握って、とてもスムーズとは言えないグリップをしてしまっている
(ようは力が入り過ぎてスムーズなひっかけ上げが出来ていない)
・第4は、左手がかなりの時間手のひらを開いて右手を待ってしまってるのを再確認
(かなり怪しい手つきです・・・)

と言う事でザナスタさんに比べて私は超前途多難な状態ですね・・・

いつになったら一連の動作をスムーズに出来るのか、今になってシューテングがさらに怖くなってまいりました

くだらない乱文ごめんなさい
m(__)m




Re: 私もドローうまくなりたいっ!!

> よしむねさん
どもどもです(・_・)ノ

> 実は私もドローで頭の中が知恵熱でドロドロです・・・
> (しょうもないギャグすみません・・・)
無視してあげません。晒します(笑)

肘支点の話ですが、既に挫折しかけてます。
肘を支点にして肩を動かさずにドローするためには、
肘を側面に張り出して上腕を軸に肩の関節を正面方向に回転させる必要がありますが、
これでもう肩の関節が痛いです。
最後にグリップするときは肘を張り出した状態のまま、
手はグリップにある姿勢になるのですが、
この姿勢を取っただけでもう動かさなくても上腕と肩が激痛です。

諦めるのはtakuさんの話聞いてからでも遅くはないかなぁと思ってもいますが、
既に練習はストップしています。この痛みは僕には耐えられません。


肘支点はともかくとして(・_・)
硬いというのと強く握るというのは、前も言った通りで
意識して練習すればよしむねさんなら必ず克服できます。
この点は心配いらないと思います。努力は要りますけど。

僕が問題と思うのは左手の位置です。
安全の問題もあるので、恐らく必ずしかも早急に直す必要を感じます。
左手はおなかにぶつけるくらいの気持ちで下ろすのが良いと思います。

他はまぁ、出来ないからといって死ぬような話ではないので、
真剣にやってれば時間は多少かかってもと思いますが。
私達の年を考えると、もうちょっと効率的にやりたい所ではありますけどねー(・ω・ )

こんばんは

ザナスタさん

こんばんは

いろいろアドバイスありがとうございます
m(__)m

右手でやさしくすくい上げて左手は腹に沿わせる感じですね

その後良い左手対策?を発見しました♪
左手で自分のみぞおち辺りをポンっと軽くたたいてから右手に沿わせると結構リズム良くグリップ出来る感じです

でも力みすぎて何回も練習するとみぞおちが痛いですが・・・

>>最後にグリップするときは肘を張り出した状態のまま、
手はグリップにある姿勢になるのですが、


ん~
これはまだ克服できません・・・

とても難しいですね

Re: こんばんは

> よしむねさん
遅くなりました(・_・)ノ

左手はそんな感じです。
ちなみに肘支点ドローは早くも挫折しました(笑)
理由はそのうち加工と思います(・ω・ )

何も考えずに反復だけで上手くなれれば楽なんですけどねぇ。
Twitter
 
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

ザナスタ

Author:ザナスタ
(・_・)ノ
倉庫はこちら
建築金物のパイオニア 株式会社キョーワナスタの公式サイトはこちら。
ちなみにこのブログも僕個人も金物とは一切関係がございません(・_・)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。